recommend
 archives
 categories
 entries
 re: comments
 links
 profile
 others

let me speak of love, roxanne

   
  << September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>  
 
<< どれだけ腕をつっぱねても | main | アメリカ・ルネッサンス >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - |
屋上のじりじり

屋上のじりじりが懐かしい。入院中の話。

高校2年の夏、お腹の病気で入院してました。
歩けるうちは(お腹切るとね、しばらく痛すぎて歩けないんです!)、点滴ひっぱりながら屋上に出向いては太陽をたっぷり浴びれるベンチで日光浴をしていました。
病室戻ってきたら点滴がなんかすげー熱いでやんの(笑)

日光浴のお供は、MDウォークマンでした。聞いてたのは、鬼束ちひろの「インソムニア」。特に「月光」を何度も繰り返し聞いてました。
あれが私の、あの夏を思い出させる曲です。
結構特別な夏です。5日くらい歩けなかったり、歩けるようになってからも、うつぶせできないとかプール行けないとか食事に若干の制限があったり、

なにより飽きるほど時間があった。

あの夏がなければ、私は今みたいな文章書いてないです。そういう意味でも、特別。

そんなわけで、初心に帰ろうと思って今インソムニアを聞いています。
聞くだけで、なんか体の組織が入れ替わったようなかんじがします。
今、私の中に高2の私がいます。同居中です。

| - | 22:05 | comments(0) |
スポンサーサイト


| - | 22:05 | - |









http://rox.jugem.jp/trackback/44